営業時間

月~金 :10:00~12:00、13:00~17:00

ひまし油湿布とは、数あるエドガー・ケイシー療法の1つです。
民間療法としても、コスパや手軽さともに優秀だと思います。
病院でも取り入れているところもありますね。

ひまし油というトウゴマから絞った、ヘキサン不使用低温圧搾のオーガニック油を用います。
ひまし油とは、中世ヨーロッパで「キリストの御手」と呼ばれる薬効の高い万能オイルです。
外用では、腫れや痛みを軽減させてくれる効果があります。
今でも傷ややけどに塗ったり、保湿やシミ消しなどの美容に用いたり、眠りの前のリラクゼーションに使う愛用者が多いです。
その油をコットン製の布にたっぷりと染み込ませ、クライアント様の右わき腹に巻き付けます。
(※安全のため、初回の方は腕でパッチテストをさせて頂きます。)
ちなみに右わき腹には、肝臓・胆嚢・右腎臓(先天の精が蓄えられている)・腸などの臓器が集中しています。
不妊症の人の場合は、子宮のクレンジングも兼ねて下腹部にしてみることもおすすめ♪

さらに防水シートをさらに巻き付け、遠赤外線温熱器具か充電式湯たんぽで保温します。
ひまし油の分子の波動は、私たちの命と同じ波動をしているそうですよ。
じんわりと温めたオイルが私たちの細胞に入り込み、すべての細胞の意識が活性化します。
(ちなみにアーユルヴェーダでは、オイルは内臓の内壁にへばりついた毒素をはがし、体外に出してくれます。)
その状態で施術ベッド上で1時間近くお休み頂きます。

もちろん爆睡されても大丈夫です。
かなりの確率で、寝落ちすることでしょう。
この間にはヒーリング音楽を心地よい音量で流し、セッションに入らせて頂きます。
実は…潜在意識や魂の浄化には、かなりもってのこいのセラピーでもあります。

肉体的にはひまし油湿布には、内臓などの毒素や老廃物をはがしとって、排泄器官へ運んでくれる作用もあります。

使用されたパックはご自宅にお持ち帰り頂けます。
2か月近く繰り返し使用できますので、ご自宅でもお試しくださいね。

初回の際に、ひまし油湿布の具体的なやり方をお伝えさせて頂きます。
ご自宅でもできるようになりますので、そのためのミニ講座のような感じ。
2回目以降もサロンでの施術をご希望の方は割安になります♪

※出血量が増える可能性がございます。生理中の方はご遠慮下さい。
※肝機能数値の高い方や肝臓腫瘍マーカーが高い方、肝臓に負担がかかることからご遠慮ください。

こんな方におすすめ

  • 肝臓をいたわりたい
  • 胃腸系をいたわりたい
  • 腹水を改善したい
  • 癒着を解消したい
  • 便秘を改善したい
  • 炎症を軽減したい
  • 代謝をUPさせたい
  • 全身の血流を良くしたい
  • 冷えを改善したい
  • 心身のお疲れに
  • 深いレベルから全身のデトックスを促したい
  • リラックスしたい
  • 免疫力をUPさせたい
  • 子宝を授かりたい
  • 婦人科系トラブルに
  • 今後の人生をより良いものにしていきたい
  • 真の自分と繋がりたい
  • 睡眠不足の方へ

白魔女さんのオーダーメイド鑑定』のオプションの場合 +5,000円(税込)
(ご使用いただいたひまし油パックはお持ち帰り頂き、冷暗所保存にて2か月近く使用できます)

ひまし油湿布のみをご希望の場合は、初回120分10,000円(パック・オイル・セルフセラピーレクチャー込み)
2回目以降60分6,000円(オイル・パックお持ち込みで)

ご予約はこちらから

※こちらのメニューは治療目的としてではなく、リラクゼーションとしておとらえ下さい。
※オイルが一度付着するとなかなか落ちません。汚れてもいいようなリラックスできる服装でお願いします。
※汗をかきますので、汗疹にご注意ください。

実際にひまし油を体験されたお客様の声


BEFORE

AFTER

私は平熱が35.4℃で、夏でも手足が冷えています。
施術が始まって10分ほどでポカポカ気持ち良くなり、最後には身体全身が温かくなりました。
帰り道ジムで運動したら、冬は運動しても汗をかかないのに、気付いたらタオルで汗を拭うほどで驚きました。
また、後日持ち帰らせてもらったひまし油湿布で肝臓付近を温めた所、10分程で便意を感じました。普段は下剤を飲まないと出ない便秘体質です。
ひまし油湿布は初めて知りましたが、様々な素晴らしい効果に驚いております。

業務用の強力な洗剤で手がかぶれ、皮膚科にてステロイドを処方されるが、しみてどんどん悪化する。
赤星さんのアドバイスにてひまし油湿布
30分×1回
60分×1回
を実施した所、次の日には赤みが劇的に改善し、しみる事も少なくなり、保湿剤に切り替えて症状が快方に向かう。

2023/12/13 I.S様