サロンメールアドレス

thanks_love@naturopathren.com

営業時間

月~金 :10:00~12:00、13:00~17:00

以前、私には大切な妹分がいました。
名前は沙羅(さら)…ゴールデンレトリーバーの女の子です。
10歳ほどで、病気のため亡くなってしまいました。

ペットというには家族すぎて、その死には両親・妹ともに深く哀しみました。
ペットって、もう家族そのものですよね。
でも彼らははっきりと話すことはできません。

こんな経験はないですか?
それはペット様が具合悪い時…どこがどう具合悪いんだろう?
もうどうしてあげたらいいの?

そういう時は動物病院へ駆け込むと思います。
うちもそうでした^^
でもはっきりとわからないことも多いんですよね。

動物って何考えてるかわからないことも多いのですが、ご存知の通りとても愛情深いんです。
ペットとして飼われている時、動物たちは飼い主さんの病気をも引き受けてしまいます。
無償の愛を、私たちに注いでくれているんです。

そんな動物たちにボディートークをしてみると、どんなことが起こるでしょう?
例えば…困った行動や心身の症状の原因が、幼い頃ペットショップで売られていた時に味わったなんらかのトラウマかもしれません。
もしくは環境で気になることがあるのかもしれません。
それがペット様の自然治癒力を妨げているから、症状がなくならない可能性があります。
それをはずしてあげると、素敵なことが起こるかも?
うちの沙羅ちゃんにも、ボディートークしてあげられていたならなぁ…

動物たちは、人間にボディートークをするよりも効果がわかりやすいそうです。
交通事故で歩けなくなってしまったワンちゃんが、ボディートークを受けたら歩けるようになった動画があります。
ボディートーク ペット』で、よかったら検索してみてくださいね!

 

私が今習得しているボディートークでも動物・植物に対してセッションできるそうですが、そのうち専門として『アニマルボディートーク』というものも習得していければと思います。

ペット様にボディートークを受けてもらいたい、という方がいらっしゃれば、おすすめです。

ボディートークの詳細はこちらから!

 

 

 

おすすめ記事